ワイルドでマイルドに生きる

ハースストーンのワイルド・フォーマットの情報を共有。

月間マイルドにワイルドメタリポート 9月編

さて、今月も残すところ僅かとなりました。9月は半ばに調整があったことから大きくメタが変動し、なかなか多様性のある環境になったのではないでしょうか。それはフォーマットに関わらず、ワイルドでも同じことでした。そんな中で今月も何とかレジェンドランクまで達成。私がラダーを駆け上がる中で感じたことを、今月もデッキリストと並べて雑感と致します。ご一読ください。

ナーフ以前

総じて、新パック発売直後は私たちは目立つ要素に目を奪われがちで、1ヶ月くらいしてからカードの隠れたポテンシャルに気づくものです。それが今月のワイルドの場合は、先日記事にもまとめた[ナーガの海の魔女]デッキでした。

S42 KBX’s “Naga Hunter” Asia#8

その仕様が変更された[ナーガの海の魔女]を軸として、先月の末はナーガドルイドやナーガウォーロックが考案されていました。しかし[縫い目の追跡者][追跡術]という優秀なサーチカードを持つハンターがにわかに注目を集め、構築者の手によってあっという間にレジェンド上位到達を成し遂げました。ワイルドで不遇の日々を送っていたハンターが、まさかこのような形で環境に戻ってくるなど誰も予想していなかったことでしょう。

またワイルドのローグの使い手Kohaiがオイルローグで1位を獲得、発表してからそのブームが到来しました。ローグらしく不意のバーストを出せるのが特徴で、ナーフ以降横並びのデッキが数を減らすとより一層好んで使われるようになったと見受けられます。

S42 Kohai’s “Oil Rogue” EU#1

ナーフ以降

「EvergreensNerfs」と呼ばれるこの変更であらゆるデッキの根幹を成すカードが弱体化され、メタゲームはこれ以降大きく変わりました。当然のことながら海賊ウォリアーや翡翠ドルイドは大きく弱体化しました。一方でこの影響を受けなかったレノプリーストは瞬く間に環境を支配しました。ナーフ以前も数の多かったこのデッキは、後半になるとますます増えていきました。

S42 control’s “Reno Priest” #69

S42 HappyNeuer‘s “Reno Priest” NA#26

レノプリーストは構築に非常に幅のあるデッキです。その強さの根幹は言わずもがなDKと[縛鎖のラザ]であり、それらに繋ぐためにプレイヤーたちはそれぞれ工夫を凝らしているのが、多数のリストから伺えます。そして完全体になってしまえば、ワイルドのカード[シャドースポーン]によってヒーローパワーが直接6点ダメージに変化し、30あるライフですら一瞬で削ってしまうのです。加えて[レノ・ジャクソン]も控えているワイルドのレノプリーストは、スタンダードのハイランダープリーストとはレベルが違います。

そんな支配的なデッキがいるのならば、それをメタるデッキが台頭するのが環境というものです。ドルイドとウォリアーという2種類のアグロが没落し、ここ数ヶ月は鳴りを潜めていたアグロシャーマンはその一瞬の隙を突いて再浮上したデッキでした。レノデッキというものは当然ながら除去はピン積みであり、危険なミニオンも通さざるを得ない場合が少なくありません。[トンネル・トログ][回転ザップ・オ・マティック]は低コストながら速やかに相手のライフを削り、豊富なバーストも持ち合わせています。

S42 masinc’s “Aggro Shaman” Asia#1

レノプリーストの弱点としてもう一つ、コンボバースト系デッキに弱いということが挙げられます。ナーフ以前はマリゴスドルイドも人気でしたが、1ヶ月を通じて一定の支持を集めていたのがエクゾディアメイジでした。ワイルドのエクゾディアメイジはクエストを採用しないことが特徴で、デッキ外から持ってくる使いづらい呪文を唱える手間が必要ありません。また新カード[似姿]が採用されており、ささやかながら今回の拡張で強化されたデッキでした。

S42 Meati’s “Exodia Mage” #7

ナーフ後のワイルドのメタは未だ固まっておらず混沌としています。先日はミッドレンジハンターでレジェンド報告があり、awedragon氏は新型の鯛罪パラディンで上位を成し遂げました。残り5日間となりましたが、今後も目を引くようなデッキが誕生することに期待していいでしょう。

S42 ぽん’s “Midrange Hunter” Asia#

S42 awedragon’s “Anyfin Paladin” #2

以上のデッキは全てこちらのサイトに掲載されています。http://hearthintothewild.weblog.to/

これがティア1の力!レノプリでレジェンド!

レノプリーストでレジェンド達成しました。「今月はペース早め」、なんて思ってたらもう残り10日なんですね…。とにかく1戦1戦すごく考えるデッキなので、使ってて疲れました😩

リストは自作です。レノプリは本当に構築が多様で、人によっては[海賊パッチーズ]や[ジャングルハンター・ヒーメット]などでデッキ圧縮までする方もおりますが、自分はとにかくバリューを意識した構築にしました。レノプリについては後々まとめ記事を上げるかと思います。

http://hearthintothewild.weblog.to/tag/RenoPriest

ちなみにレノプリの構築についてはこちらをどうぞ。見比べて違いを実感してみてください。

ワイルドデッキ集データサイト「Hearth-IntotheWlid」設立

この度、ワイルドのレジェンドデッキのデータサイト「Hearth-IntotheWild」を設立しました。

hearthintothewild.weblog.to

まだまだ掲載数は少ないですが、どんどん追加していきますのでご活用してみてはいかがでしょうか。また、掲載するデッキも募集しております。掲載について何か不都合ありましたらご連絡ください。

広告設定のお知らせ

ブログを初めて5ヶ月が経過しました。もともとはより多くの人がワイルド・フォーマットに興味を持っていただこうと思い始めたブログでした。三日坊主で終わるかとも思っていましたが、意外と続くものですね。お陰様で毎月10000ビューは達成しており、特に今月はまだ上旬にも関わらず多くの方々に読んでいただいております。

そこで、さらなるモチベーション向上と私のタバコ代のため、広告を設定させていただくことにしました。正直まだあまり仕組みがわかっていないのですが、こちらを利用していただくとその一部が口座に入るようです。広告内容は変更するかもしれません。

ご愛読していただいている皆様には多少の不便をおかけしますが、今後とも変わらぬご支援をよろしくお願いします。

ワイルドデッキ生態調査②[ナーガの海の魔女]デッキ

本日の夜中、ベン・ブロードの告知の通り、ドルイドの[練気]をはじめとした5枚のカードの下方修正の内容が明らかになりました。既に多くの方が拡散して下さっているので、私が改めて記事にする意味は無いでしょう。

その多くが長らく慣れ親しんだカードたちだけあって、コミュニティ内では賛否両論です。新拡張のカードが最小限に抑えられており基本やクラシックのカードが軒並み調整を食らったことは、今後のハースストーンの方向を明らかにしていると言えるでしょう。既にプレイヤーたちからは次の環境について議論が活発に為されており、こちらも私が出る幕ではないようです。

そう、この記事は今回のナーフのように事前に告知されたものではなく、騎士団パッチにおいてその仕様が突然ひっそりと変更された、[ナーガの海の魔女]を中心としたナーガ巨人デッキの紹介と考察なります。

[ナーガの海の魔女]はアドベンチャー「探検同盟」のエピックカードで、以前は見向きもされていないミニオンでした。しかしなぜか騎士団拡張においてその仕様が変更、各種巨人はコスト5からさらにそのコストを減少させるようになりました。これらのシナジーを軸にしたデッキが現在のワイルドでは大量発生しています。

(コンシードしていますが)このように一瞬にして8/8の巨人たちを大量に展開することにより、それまでの防御的な展開から一転攻勢、一気に王手をかけていきます。これを1枚で返せるカードはワイルドと言えども[光爆弾][乱闘]など非常に限られています。

各種巨人は[山の巨人][魔力の巨人][溶岩の巨人][海の巨人]などに加え、[ゼンマイ仕掛けの巨人]の採用もラダーで見かけました。もちろんそれらは全て中立である故、色々なヒーローがこのナーガ巨人コンボを仕様しています。最も多いのがドルイド、次にウォーロック、そしてなぜかハンターでも見かけます。

マルフュリオンのナーガデッキ

S41 control “Naga Druid”

S42 Georgious “Naga Druid”

そもそもこのデッキの流行るきっかけは、ワイルドの猛者controlがこのデッキでS41のレジェンド到達報告をしたことのようです。その影響は強く、瞬く間に全てのサーバーにてナーガデッキを見かけるようになりました。このリストでは[アヴィアナ][忘却王クン]のいわゆる「アヴィクン」コンボが搭載されています。

また、別のプレイヤーはクエスト[ジャングルの巨獣たち]を採用しています。こちらのリストでなんとワイルドEUサーバーの1位を達成したというのですから驚きです。まさかドルイドのクエストがガチになる日がこんなに早く来ようとは、誰も予想していなかったでしょう。

クラスにドルイドを選択する利点として、もちろん[練気][野生の繁茂]といったマナ加速、そして[究極の侵食]があります。初速の遅いコンボデッキですから、マナ加速とドローが必須です。また[広がりゆく虫害]も、延命手段としてこの上ないものでしょう。まだデッキ自体が開発段階であるようですが、どうやらナーフまではこのヒーローが最も上手くナーガデッキを使えることに疑いは無いようです。

グルダンのナーガデッキ

S42 CardVillain “Handlock”

巨人と言えば、多くの方が思い浮かべるのはこのヒーローで間違いないでしょう。スタンダード導入前の古き良きハンドロックは、[山の巨人][溶岩の巨人]を使いこなしていました。その後[溶岩の巨人]は弱体化されるのですが、1年以上ぶりにこのデッキに戻ってきました。ウォーロックのヒーローパワーでドローを進めながら自然と巨人のコストは下り、また豊富な除去手段は相手の猛攻を凌ぐことができます。こちらはレジェンド10位まで到達したようです。

レクサーのナーガデッキ

S42(レジェンド未到達) RenoJackson “Naga Hunter”

こちらはワイルドアジアサーバーのRenoJacksonによるデッキ。変わった構築を好みながらも、常にレジェンド上位をキープしており、我々ワイルド民の中ではちょっとした有名人です。今月はまだレジェンドを達成していないようですが、こちらのリストを回しているようです。ナーガデッキにヒーローカード[死線の追跡者レクサー]はかなり合っているように感じます。コストが重くなりがちなバ獣を軽くすることができ、またデッキの弱点として展開した巨人を処理されてしまうとリソースが無くなり一気に負けに近づくのですが、ヒーローパワーが後続を補充します。また、[毒矢]と[不安定なグール]のシナジーもあります。デッキとヒーローの、お互いの弱点を補い合ういいデッキです。是非試してみてはいかがでしょうか。

ちなみに先ほどのスクショは実際に彼と当たった時のものでした。

正直、今後このコンボデッキが環境に残るのかどうかは未知数です。「強すぎる」との声もありますし、一方で大振りなデッキ故に弱点もあります。とりあえず相手にしてても楽しいですし、使ってみたいと思えるデッキなことは確かですね。 では、次回こそクソデッキの予定です…。

月刊マイルドにワイルドメタリポート 新拡張!8月編

月刊とは名ばかりの、久々のワイルドメタ雑感レポートです。「凍てつく玉座の騎士団」が発売された今月、スタンダードは早くもドルイドの天下が揺らぎないものとなり、閉口しているプレイヤーも多いでしょう。私はスタンダードもそこそこに遊びながら、今月も無事にワイルドでレジェンド達成できました。プレイする中で感じたものを、拙いですが文章にまとめてみました。今回の拡張を機にワイルドに興味を持たれた方もそうでない方も、ぜひご一読ください。

*デッキリストは、全てレジェンド到達やレジェンド上位の到達をしたものです。ネット上に上がっていたものをお借りしました。不都合があればご連絡ください。

ワイルドもドルイドストーン?

スタンダードのドルイドに困ってここを覗いている方には初っ端から出鼻を挫くようで申し訳ないのですが、ワイルドも彼は強いです。[アジュア・ドレイク][マルチ]など数枚のみワイルドカードを加えたのみで、ほとんどそのままスタンダードの翡翠ドルイドは下の環境でも通用します(実は私も今月このデッキでレジェンドに行きました)。他にも多くの方がこのデッキでのワイルド上位到達を報告しており、デッキの強さは明らかです。[待ち伏せのガイスト]が何のその、いち早く10マナまで加速して[究極の侵食]でハンドを補充する翡翠ドルイドには、ワイルドの強力なアグロすら食われてしまうほどです。

S41 魔獣氏 “Jade Druid”

S41 ともきち氏 “Jade Druid”

翡翠ドルイドと並んで強力なのが、こちらもスタンダードでお馴染みアグロドルイドです。ワイルド要素[呪われた蜘蛛][ネルビアンの卵]に加え、新カード[蟲のドルイド][クリプトロード]など除去の困難なミニオンを並べて、全体バフで一気にバーストをかけます。[動き回るマナ]での再展開も備えており、レノデッキ相手ですらあっという間にライフを削りきってしまいます。エッグタイプや[ホブゴブリン]タイプに加え、マーロックドルイドも稀に見られます。またGVGの[ジーヴス]は、減った手札を補充してくれる、このデッキにとって最高のミニオンです。

S41 TitanX氏 “Aggro Druid”

ドルイドは他のアーキタイプも好調です。[究極の侵食]という最高の相棒を手に入れた[星霊交信]入りランプドルイドでのレジェンド上位到達も相次ぎ、豪快なデッキリストと圧巻の「インチキ」ムーブが根強いファンを獲得しています。負けても勝っても両者笑顔になれるこのデッキ、ダストに余裕があればいかがでしょうか。

また、マリゴスドルイドも生存しており、[究極の侵食]がこれらを押し上げる要素となったのは間違いないでしょう。。

S41 JAMSTEC氏 “Big Druid”

S41 senapoke氏 “Maly Druid”

プリーストが追う構図も変わらず

そんなドルイドをプリーストが追いかける構図も、スタンダードと似たような構図となっています。ハイランダープリーストには、もちろん我らがケツアゴ大回復おじさん[レノ・ジャクソン]が投入されています。かつてのレノ・プリーストはドラゴンタイプと断末魔タイプが拮抗していたのですが、ヒーローカード[影刈アンドゥイン]の登場により激励タイプが大きく人気を集めています。TGTの激励ミニオンたちはここに来て活躍の場を与えられ、「新カードの登場によって旧カードが輝く」というワイルドの魅力が存分に詰まったデッキです。

S41 ぼん氏 “Reno Priest”

ビッグプリーストは騎士団にて新たに成立したアーキタイプです。[バーンズ]からファッティのトークン、倒された1/1トークンが[永劫の隷属]により元のスタッツで復活と、爽快感とランダム性溢れるハースストーンらしいデッキとなっています。スタンダードにも散見されますが、ワイルドレジェンド帯ではかなりの人気で、私も愛用しています。ワイルドカードとして[復活][炎の王ラグナロス]が追加されており、コントロール相手が得意なのはもちろん、豊富な除去呪文でアグロにも耐性があるのがウリです。

S41 Zelgraz氏 “Big Priest”

プリーストのもう一つ強力なデッキがコンボプリーストです。ウンゴロにて[影の幻視][光熱のエレメンタル]と潤滑剤を手にして成立しました。[デスロード]などに[神授の霊力][内なる炎]とバフをかけ、一気にバーストを叩き込む豪快なデッキです。特性上ピン除去や沈黙に非常に弱いですが、ドルイドに強いこのデッキは現環境で悪くない地位なように見えます。しかし求められるプレイングスキルの高さがイマイチ不人気な理由でしょうか。

パラディンも変わらず順調

マーロックパラディンもまた、スタンダードでお馴染みながらワイルドで人気のあるデッキです。新カードのマーロックは無かったものの、ワイルドではマーロックの親玉[大いなるマーク・アイ]が存在します。その展開力と相互シナジーで、一気にライフを削りにいくことができます。

S41 SashaHyena氏 “Murloc Paladin”

パラディンのもう1つ、シナジーを重視したデッキが新兵パラディンです。ウンゴロにて大きく花開いたこのデッキは爆発的にワイルドプレイヤーの間で広まり、一気にティア1を獲得しました。騎士団環境でも依然として強力で、ボード制圧力はマーロックにも引けを取りません。[闇への抵抗][兵役召集]からの[光合のステゴドン][兵站将校]がお決まりのコンボです。パラディンのミッドレンジと言えば、最早シークレットパラディンより以上の2種類が主流です。そして両者とも新カード[ボーンメア]が採用されています。

S41 Yoonjae Lee氏 “Midrange Paladin”

これらミッドレンジのパラディンが順調な一方、コントロールパラディンは絶滅と言ってもいい状況です。[断罪のウーサー・エボンブレード]は事前評価のような活躍は出来ませんでした。[7つの鯛罪]デッキもてっきり見なくなってしまいました。彼らはどこに行ってしまったのでしょうか?ミッドレンジと姿を変えたか、それか鎧を脱いでドルイドとなり自然と戯れているのかもしれません。

アグロデッキはやや陰りか?

こういった記事を書く際、海賊ウォリアーは必ずトップを飾っていたものです。もちろんティア1なことには変わりはないでしょうが、遭遇する機会は明らかに減りました。新カード[ぶん取り幽霊船員]の採用率は高くないですが、武器を中心としたシナジーは健在です。ワイルドのカード[サー・フィンレー・マルグルトン]は防御的なヒーローパワーを変えてくれる頼もしい大卒マーロックで、序盤に出すミニオンとしても優秀です。そして[艦載砲]は問題視されるほどの強力なカードで、[海賊パッチーズ]との相性はバツグンです。

かつて海賊やアグドルと肩を並べていたアグロシャーマンは、海賊以上に数を減らしました。このデッキはウンゴロから2つも連続で拡張の中に採用できるカードが無いのですが、未だにティア2程度のポテンシャルがあることに驚くべきでしょう。軽い武器と[メイルシュトロームのポータル]で最序盤の盤面構築力において右に出るものはおらず、アグロに強いアグロとして地位を得ています。

変幻自在のメイジも「たまに見る」程度に

ワイルドのメイジは変幻自在です。テンポメイジ、レノメイジ、フリーズメイジの3種類が主です。

1番多いのはフリーズメイジでしょうか。[アイスランス]のコストを[ソーリサン皇帝]で減らし、1ターンに30点近くもバーストを出すことのできる古からのアーキタイプです。天敵の[ジャスティカー・トゥルーハート]入りコントロールウォリアーが絶滅したのは良いものの、翡翠ドルイドが[魔蝕の病巣マルフュリオン]を手にしたのはそれ以上に大きな痛手となりました。

また、2ターン目[マッドサイエンティスト]3ターン目[魔力なる知性]のムーブでは、全くどれがどれだかわかりません。フリーズはともかく、テンポメイジやレノメイジは採用カードや秘策にも注意しなければならず、相手にする際はやりにくいのは確かです。とくにワイルドカード[複製]は非常に厄介なカードで、[フレイムウェイカー]や[カザカス]などを増やされないよう、なるべくケアして踏んでいきたいです。レノメイジはいわゆるグラインダーコントロールといって、相手の攻撃を全て耐えきることが目的のデッキですが、強ムーブの押し付け合いが主流のワイルドでは「握り損」なようで、ウンゴロからだんだん人気を失いつつあります。

S41 ルナマーチ氏 “Tempo Mage”

ローグとウォーロックは古のアーキタイプ

古くからのデッキ、ミラクルローグは今回目新しい新カードはありません。ウンゴロの時に[死体花シェラジン][幻覚]などを手に入れ、さらにアグロの減少は防御力の低いこのデッキにはグッドニュースです。大型ミニオンを瞬時に展開できるのは、ドルイド環境では追い風なようにも見えます。

一方レノロックはウンゴロスタンダードにて散々だったのでテコ入れが行われ、優秀なクラスカードをいくつか手に入れました。[冒涜][卑劣なるドレッドノート]、そして新たなデーモンデッキのフィニッシャー[屍山血河のグルダン]は、しかしまだスタンダードであまり活躍できていないようです。[マルガニス]のあるワイルドが本領ですが、正直予想ほどまではありません。私の読みでは騎士団ワイルド環境を席巻する予定だったはずなんですけれど…。

S41 sipiwi94氏 “Renolock”

厳しい冬が続くハンター

そしてハンターは、「凍てつく玉座の騎士団」リリースよりもずっと前から到来している冬が未だに終わりません。レクサーの獣シナジーはワイルドにおいて力不足なのが否めず、マーロックや海賊に遅れをとっています。ヒーローカードも残念ながら活躍できているとは言えません。

リッチキング完全攻略!アーサス王子獲得への道

先日、無事にラダーの方はレジェンドへ到達できたので、この1,2日間はアーサス王子の獲得に励んでました。そしてこちらも何とか達成することができました。

全9ヒーローでのクリア構成をご紹介します。あくまで一例ですし、もっといい構築はいくらでもあると思います。逆にもっと安価に済ませることも可能だと思います。

まずはプリ。試練は「ヒーローが沈黙される」。プレイに影響は無く、実質的な制限はありません。構成も、普通のコンボプリーストです。

続いてドル。試練は「3マナ以下のミニオンが使えない」。翡翠ならばこちらも制限の意味はなく、楽にクリアできます。

次はメイジ。試練は「開始時に体力が1になる」。レノメイジで相手のミニオンを上手く除去できれば楽勝です。細かい構成は煮詰める余地がありそうです。

お次はシャマ。試練は「ミニオンが1/1になる」。私はマーロックでクリアしましたが、進化での攻略もアリだと思います。

「呪文の使用できない」ローグも、マーロックの力を借りました。他には翡翠断末魔でクリアの報告も見られます。

ウォーロックもまた、易しめの制限です。「1ターン目にデッキに埋まっている複数枚のカードだけダメージ」が条件なので、レノロックを使うことを推奨されているようです。あまりウォーロックの資産は無いのですが、あり合わせで何とかなりました。

ハンターは少し苦戦しました。制限は「1ターン目にデッキに埋まっているミニオンの数だけダメージ」。初手の引きと、ハイエナに除去が飛んでこないのを祈るゲームです。

最も難関だったウォリアー。個人的にあまりウォリアーの資産がなく、相手の体力が160もある以上アグロでも突破も難しいと踏んだので、[アラームロボ]での運ゲーに走りました。結果的にお互いの引きが全ての試合となり、リセマラのような錯覚を覚えました。

最後はパラディン。こちらもマーロック。制限は「自分の死んだミニオンが相手の場に召喚される」という最も困難なようですが、引きが良ければウィントレードの連続で意味を成しません。そこまで苦戦はしませんでした。[飢えたカニ]を入れれば良かったと、終わってから気づきました。

基本的にマーロックを使えば全ヒーロー何とかなるらしいのですが、資産と相談してカスタマイズするのもデッキ構成の楽しさですよね。ちょうどパラディンのデイリークエストが出たので、明日存分にアーサスを使ってみたいと思います。それでは。