ワイルドでマイルドに生きる

ハースストーンのワイルドフォーマットをのんびりとプレイ。

ウィッチウッド環境ラダーまとめ

 

こんにちは、お久しぶりです。コータロウです。

暑い日が続きますね。今年の暑さは異常とも言えるもので、私の住んでいる東京でも史上初の40度を記録したとか。くれぐれも熱中症にはお気を付けください。

こんな暑さでは仕事も中々やる気が出ないものです。来週はもうお盆ですし、休暇は人混みを避けて涼しい所にでも行こうかなと、仕事中はそんなことばかり考えています。

さて、来週にもなれば新拡張「博士のメカメカ大作戦」がリリースされますね。事前購入はお済みでしょうか。今回もプレイヤーの度肝を抜くような数々のカード達、そしてそれらに秘められた可能性。休暇もですが、こちらの方も楽しみでなりません。

一方、ウィッチウッド環境はこれにてフィニッシュということになります。振り返れば偶数・奇数デッキの想像以上の活躍に、各ヒーローのしのぎを削る争いと中々楽しめる環境だったのではないでしょうか。偶奇デッキではかつて使われることのなかった過去のカードに初めて日が当たることになり、カードプールの広いワイルドでの遊び甲斐がありました。

4月にIntotheWildの方で強豪プレイヤーに事前評価をしていただいたのですが、読み直してみると彼らほどの実力を持ってしても偶数・奇数デッキの可能性に気づくことは難しいようでした。唯一バクを挙げていたKenjiさんの洞察力には目を見張ります。

私のこの4ヶ月間のラダー結果ですが、4ヶ月で4回、レジェンドに到達することができました。ワイルドとスタンダードで各2回。ワイルドでは4月に奇数ローグ、5月に偶数シャーマン。スタンダードでは5月にシャダウォックシャーマン、7月にキューブハンターを使用していました。

 

f:id:kou1184:20180804085825j:plain

f:id:kou1184:20180804085832j:plain

f:id:kou1184:20180804085948j:plain

 

こうして振り返るとアグロ〜ミッドレンジデッキばかりです。コンボデッキは正直、私にとっては難しすぎるというのが本音です(下準備さえすればただ投げればいいシャダウォックは別として)。

4月から本格的に仕事が始まりレジェンドはもう達成できないかとも考えていましたが、割とコンスタントに行けることがわかりました。ただ、レジェンド以上ーーいわゆる「ランカー」と呼ばれるプレイヤーにはまだまだ及びませんでした。次環境でこそ、私も上位争いに参加してみたいという心意気です。

 

また次回の記事でお会いしましょう。ワイルドでマイルドに行きましょう。