ワイルドでマイルドに生きる

ハースストーンのワイルド・フォーマットの情報を共有。

リッチキングに会いに行こう!台湾4泊5日ツアー(3日目)

3日目はこのあたりと、九份を探索します。

台北101

台北ランドマークタワー台北101です。朝早いのでお店は大体閉まっています。

展望台は値段が高いので登らないつもりでしたが、マックを食べただけではあまりにも来た気がしないので行ってみます。

台北の街を見渡せます。

台北101のキャラクターです。lol

国父紀念堂

台北101からほど近いところにある、国父紀念堂です。国父とは孫文のことです。

1時間に1回の、ここの兵隊の交代式はまるでダンスのようでした。ただ歩いたり止まったりするだけで無く、銃を回したり靴を鳴らしたりと、およそ10分ほどかかります。単に観光客のためのパフォーマンスなのか、それともちゃんと意味があるのでしょうか?

リザード台北

また、そこからさらにまっすぐ行くとブリザード台北支社?があります。昨日は台北メジャーだったらしいのですが、ここでやったのですかね?今日は開いてなかったので入り口の写真だけ。

九份

映画『千と千尋の神隠し』の雰囲気があるとして有名な街。元々は鉱山の街でしたが、今ではすっかり観光地に。道行くとどこでも日本語が聞こえて来ます。台北からはちょっと離れており、行くのが中々めんどくさいのですが、私はあまり日本人としてはメジャーでないであろう、電車メインで行きました。最寄りの瑞芳駅まで列車で1時間、そこからバスで15分ほどです。あらゆる手段では最も安く、また帰りもスムーズでした。オススメです。バス停の場所がややわかりづらいですが。

昼過ぎの雰囲気はこんな感じ。

なるほど、雰囲気はあります。

アイスのお汁粉。美味しいです。

最も有名であろう一角です。昼間は昼間で悪くないですね。ちなみにこのお店は「湯婆婆の館」と自称しています。観光客がたくさん入っていきました。

私は向かいの店に陣取って、日が落ちるのを待ちます。2時間くらい居座ったので、最後の方は店員からずっと中国語で文句言われてたのですが、わからないフリをしていました。

日が傾いてきました。夕方です。来た道を戻り、もうちょっと暗くなるまで粘ります。

魚団子で夕食。

先ほどのピンクで美味しそうなのがどうしても気になって買ってみたらめっちゃ不味い。辛くてしょっぱくて、1口で終わりにしてしまいました。

提灯の灯ったところで退散。日本語の看板に日本語の呼びかけ、日本人向けのお土産と、ここまで日本人向けに改造されていると私としてはむしろ興ざめなんですけど、どうなんでしょう。

明日はとうとうリッチキングに会いに行きます!