ワイルドでマイルドに生きる

ハースストーンのワイルド・フォーマットの情報を共有。

凍てつく玉座に座るのは誰?新環境考察!(シャーマン編)

新環境、始まっちゃいましたが、とりあえず全員終わらせます。あと3人。 前回ローグ

凍てつく玉座に座るのは誰?新環境考察!(ローグ編) - ワイルドでマイルドに生きる

次回ウォーロック

凍てつく玉座に座るのは誰?新環境考察!(ウォーロック編) - ワイルドでマイルドに生きる

拡張カード所感

シャーマンは今回、突如として与えられた凍結カード群が大いに足を引っ張っている。しかし既存の進化シャーマンにいくつか採用が見込めるものもあり、またコントロール向けのカードも追加された。新環境3日目の時点ではまだ真価を発揮していないようだが、このクラスのポテンシャルはありそうだ。 ヒーローカードは、「進化シャーマンに入れてね!」というブリザードからの声が込められている1枚だ。2段階の進化は大きく盤面を強化できるが、一方で5マナというコストは、ヒーローカードにしては最も軽いものの、[進化]のように展開と同時に使うにはやや重い。進化シャーマンは、盤面をクリアされた返しに[ドッペルギャングスター]と[進化]で盤面の再構築をするプレイングが一般的だが、そのようには使用しづらいだろう。よって、そこそこのミニオンが残っている盤面で使用するのが好ましい。「[血の渇き]によるリーサルは届かないけれど、盤面にミニオンが並んでおり、それらを強化したい」という状況は、意外とかなりあるものだ。進化シャーマンはかなり枠が厳しいデッキだが、その中にきちんと定着できるだろう。 [ムウラビ]は、非常に癖の強いミニオンだ。6/4/4というスタッツは[ガジェッツアンの競売人]と同じものだが、効果の起動条件はこちらの方が難しい。このカードが使用されるようになるためには、もっと強力な凍結カードが必要だ。 マーロックシャーマンには、ひっそりと2種類の強力なカードが追加された。[氷上釣り]はこのデッキに最適なドローカードとなり得るし、[オンザロック]は相手を足止めすることでシナジーを発動しやすくする。これらの新戦力を投入し、私は先日当たった[マーロック大連合]入りデッキを試している。 今回はロクなエレメンタルが追加されなかったが、その中でも唯一採用できそうなのが[豪雪の巨人]だ。オーバーロードを多用する、もっとガチガチのコントロールエレメンタルシャーマンなら機会があるか。

スタンダードにおいてのシャーマンクラス

進化シャーマンは相変わらずスタンダードで健在だ。ドルイドが増えた今、このデッキは注目されるべきだと思っている。コントロールシャーマンは、翡翠ドルイドやプリーストなどより高いバリューのあるデッキが多い現在、あまり活躍できないようだ。

ワイルドにおいてのシャーマンクラス

ワイルドのシャーマンは、相変わらず[トンネル・トログ][トーテム・ゴーレム]による最強の序盤があり、また豊富な軽いAOEにより各アグロデッキに軒並み有利である。大魔境ウンゴロ拡張のトークンシャーマンはワイルドにも生息するようになったが、今回の拡張で新しいアーキタイプが出ることはなさそうだ。とは言え、まだまだこのクラスは強いはずだ。