ワイルドでマイルドに生きる

ハースストーンのワイルドを細々とやる

凍てつく玉座に座るのは誰?新環境考察!(ローグ編)

前回泥棒

凍てつく玉座に座るのは誰?新環境考察!(プリースト編) - ワイルドでマイルドに生きる

次回シャーマン

凍てつく玉座に座るのは誰?新環境考察!(シャーマン編) - ワイルドでマイルドに生きる

拡張カード所感

今回のローグは、正直何だかテーマがよくわからない。「武器」かと思えば、レジェンドは「強盗」だし、「断末魔」のカードがあり、ヒーローカードは「コピー」だ。ミラクルローグに入りそうなカードは1枚も無く、テンポローグや翡翠ローグなどが台頭してくるのか、それともやはり一見弱く見えるヒーローカードがブッ壊れなのか、非常に判断に困るクラスだ。 見た目はめちゃくちゃカッコいい。だが、隠れて1ターン凌いでも、このクラスには回復もAOEも無く、返しのターンにとても困るだろう。またヒーローパワーは常在型のものだが、「このターン取っておいて次のターンに2枚使う」などは出来ないようだ。その特性上5マナ以下のカードしかコピーできない。パッと思い浮かぶのは翡翠ローグだが、このデッキはドルイドやシャーマンのそれとは違い、テンポデッキだ。クエストのように前評価を覆す?いや、ないだろう。 強盗ローグは、[幻覚][怪盗紳士][蒐集家シャク]に加え、[黒曜石の欠片][イセリアルの売人]などのシナジーで戦うテンポデッキだ。現状ではファンデッキに過ぎないが、この新たなレジェンドでメタの仲間入りをするだろうか。答えはノーだ。[リリアン・ヴォス]は、特にランダム性に非常に左右されるカードだ。[怪盗紳士][蒐集家シャク]は、単純にアドバンテージが取れる。[幻覚]はアドバンテージ自体は取れないものの、柔軟な発見バリューがある。しかし一方、[リリアン・ヴォス]はアドバンテージも選択性も全くない、完全にランダムだ。一応、[レザーペタル][コイン]などを呪文に変換できるが、それにしてもイマイチだろう。 3/3/2の武器がようやくローグにも配られた。ハースストーンにおいて最強のワードである「無敵」が助かる場面も多いだろうし、テンポローグを組む際は必ず頼りになるだろう。[疫病科学者]はアリーナ専用カードだと思っていたが、「小さい[ヴァイルシュパイン・スレイヤー]」と聞くと悪くないようにも思える。テンポローグは特に大きなアクションに対しての返しが一層厚みを増したが、いいとこティア2なのだろう。

スタンダードにおいてのローグクラス

スタンダードのローグは、テンポローグが細かな強化を受けた。しかし目を奪われるようなカードは存在せず、今の所は既存のミラクルローグが安定しているように見える。

ワイルドにおいてのローグクラス

「ワイルドのローグは何をするの?」答えはスタンダードと変わらない、相変わらずミラクルローグだ。もちろん[墓荒らし][アジュア・ドレイク]など強力な中盤が存在するが、正直やや周りのパワーに押されがちなのは否めない。新兵パラディントークドルイドなどの横並びデッキがティア1なのもまずい。今回もまた追加カードが存在せず、しかも天敵の海賊ウォリアーにバフが入ったことで、ますます肩身が狭い思いをするだろう。得意なコントロールがどれだけ増えるかがポイントだ。