ワイルドでマイルドに生きる

ハースストーンのワイルド・フォーマットの情報を共有。

凍てつく玉座に座るのは誰?新環境考察!(プリースト編)

前回パラディン

凍てつく玉座に座るのは誰?新環境考察!(パラディン編) - ワイルドでマイルドに生きる

次回ローグ

凍てつく玉座に座るのは誰?新環境考察!(ローグ編) - ワイルドでマイルドに生きる

拡張カード所感

アンドゥイン・リンは、聖職者とは名ばかりの、他人のカードを盗む卑怯なコソ泥だ。だがどうやら今までの盗みは彼にとって小手調べだったらしく、今回「本領を発揮してきた」と言わざるを得ない。ウンゴロではティア2が定位置だった彼だが、果たしてどうなるのだろうか。 まずヒーローカードだが、使われないものであると私は考えている。「アタック5以上を破壊する」という雄叫びが刺さる場面は少なく、使いづらいだろう。またヒーローパワーは攻撃的なもの且つ、真価を発揮するには手札が必要であり、何より安定した回復を捨てるのは不安だ。 相手のデッキを丸ごと盗む、驚きのカードだ。レジェンドかくあるべしと言った感じのド派手な能力で、使用すればファティーグで負けることは無くなる。[マルシェザール公爵]と対比にしてみると、任意のタイミングでデッキが増やせるのは好ましい。しかしアグロに薄くなることには変わりなく、余程コントロールの環境で無ければ使われないだろう。 今回も、プリーストは強力な呪文を手に入れた。待望の軽量AOEは、盤面の処理だけでなく、[ノースシャイアの聖職者]の起動にも便利である。回復効果も相まってアグロ相手にはもちろん、コンボパーツとしてどのマッチでも完全に腐ることがない素晴らしい呪文だ。 [永劫の隷属]は、対照的にコントロールを相手にした時に最も輝くカードだ。[リッチキング]などフェニッシャーを復活させることができる。4ターン目に使えないカードであることが、アグロを相手にした時の不安材料となる。 中立に2種類のドラゴンが用意され、ドラゴンプリーストは現在よりもう少し安定してシナジーを発揮できるようになる。軽量のドラゴンは用意されなかったが、ハンドを減らさず展開できるのも、低くなりがちなアタックを強化できるのも、ドラゴンプリーストには適している効果と言える。新環境で是非とも使ってみたいデッキだ。 少し気になるのが、これらのテンポ良いカード群だ。既存のアーキタイプには無いものだが、柔軟に除去と展開と回復をこなすテンポプリーストが、次拡張あたりで来るのだろうか。前述のドラゴンプリーストの低マナ域での採用も考えられるが、[光熱のエレメンタル][ひとまねグリマールート]の方が安定して強そうだ。

スタンダードにおいてのプリーストクラス

ドラゴンプリーストはドラゴン不足を少し解消し、ガジェッツアン期程では無いにせよ、固まりつつある。問題はデッキの枠で、[宴のプリースト]を採用すればアグロデッキやメイジに強くなり、[狂気ポーション]を積めばハンターなどに強くなれるが、この辺りはメタによっての相談だろうか。新ドラゴン2種がどちらもやや重いので、採用しない構築も十分考えられる。 コンボプリーストは[待ちぶせのガイスト]によってとばっちりを食らった。プレイングも難しく新カードも特に無いことから、好んで使われそうなデッキには見えない。 コントロールプリーストは悪くない強化だ。しかし強そうな断末魔は[黒曜石の像]1枚しか追加されず、スタンダードでのンゾスプリーストの活躍は正直、見込めない。メディブを採用した呪文コントロールが、琥珀から[黒曜石の像]を発見することは多々あるだろう。 総じてだが、相変わらずティア2が彼の定位置だと、私は予想する。

ワイルドにおいてのプリーストクラス

ウンゴロリリース後、プリーストがワイルドで最強の一角を占めていることは、ワイルドプレイヤーなら常識であるが、スタンダードやアリーナの方々はちょっと驚くかもしれない。[光熱のエレメンタル][影の幻視]などの潤滑剤を手にした「コンボプリースト」は、[デスロード]などを[神授の霊力][内なる炎]でパンプアップし一気に決着をつける豪快なデッキだ。そしてその豪快さとは裏腹に綿密なプレイが求められる。しかし今回の強化は無く、苦手なパラディンやシャーマンがどこまで増えるかにかかっている。また例によって[待ちぶせのガイスト]が刺さってしまうのも痛手だ。ワイルドではあまり採用されないカードと見ているが。 レノプリーストは順調に強化を貰った。[霊魂鞭打][永劫の隷属]はすんなり入りそうだ。[黒曜石の像]も重いながらコストに見合った活躍が期待できる。しかしティアのより上位に上がるかと聞かれると微妙だ。なぜならワイルドのアグロやミッドレンジは余りにも強力で、少しでも捌く側が取りこぼすとすぐに殺してくる物騒な奴らばかりだからだ。コントロールというアーキタイプ自体、ワイルドでは握り損な気がしている。