ワイルドでマイルドに生きる

ハースストーンのワイルド・フォーマットの情報を共有。

凍てつく玉座に座るのは誰?新環境考察!(パラディン編)

前回メイジ

凍てつく玉座に座るのは誰?新環境考察!(メイジ編) - ワイルドでマイルドに生きる 次回プリースト→すぐ

拡張カード所感

私は旧神からハースストーンを始めた。だからこのクラスが強い時期を知らなかった。ウンゴロ実装においても全く期待はしていなかった。しかしウーサーは見事に驚くべき復権を果たした。マーロックパラディンは大きく花開き、コントロールも中々悪くないものだった。 そしてこのヒーローカードはどうだろう。9マナと重いながら、10点回復しつつアタック5の武器を振れるのは、他のヒーローカードが持つ最大の弱点である「出したターンの隙」が全くない。ヒーローパワーも仰天物だ。特殊勝利を無理に狙わなくとも、2/2がヒロパで出てくるのは十分に脅威だ。ヒーローカードサイクルで最も強いものであることに疑いは無く、コントロールパラディンには新たなフェニッシャーと、必要なダストが増えた。 そして[リッチキング]は、コントロールパラディンにおいてその魔力を遺憾無く発揮するだろう。恐るべきは、パラディンはほぼどのデッキも[ストーンヒルの守護者]を積んでいるので、2枚目3枚目のリッチキングが出てくる可能性もあるということだ。 コントロールでまた新たに必要となるのがこのカードだ。スタッツ十分ながら効果は強力で、[禁じられし癒し]と組み合わせれば大型も除去できる。必ずミニオンにダメージが飛んでくれるのは嬉しい限りだ。 聖なる盾パラディンは、少し活躍に疑問符が付く所だ。ライバルには爆発力の高いマーロックがおり、彼らと並んで選択肢となるのは難しいようにも思える。だが、このデッキはメタに食い込む力があると、私は思う。そのデッキにはこれらのカードも当然ながら必須となり、[ウィッカーフレイム]や[ティリオン・フォードリング]と共にデッキを彩るだろう。

スタンダードにおいてのパラディンクラス

スタンダードでパラディンを見る機会はますます増えるだろう。新たなアーキタイプのディバシパラディンは、盤面を取ることに長けたミッドレンジだ。コントロールパラディンは豊富なフェニッシャーを手にした。マーロックも引き続き強力であり続ける。しばらくはこのクラスは安泰だ。

ワイルドにおいてのパラディンクラス

ウンゴロにて爆発的に増加した新兵パラディンは、新たな1マナを加えてますます強力なデッキとなる。1マナながら新兵を守るのに非常に役立ち、より安定したシナジーの発揮が期待できるだろう。また、ヒーローカードを加えたンゾスコントロールや鯛罪コントロールも良い選択肢となり、ワイルドにおいてもパラディンは増加するだろう。