ワイルドでマイルドに生きる

ハースストーンのワイルドを細々とやる

「スパムブログのすゝめ」

 f:id:kou1184:20170715154341j:image

 事前に公開されたカードに的はずれな評価をつけることを、ハースストーン界隈では俗に「スパム」と呼びます。新パックと言えばスパム。今回は「スパムブログのすゝめ」と題し、いかにしてスパムを避け的確な事前評価をするかをガイドし、より多くの人に事前評価に参加してもらうのを目的とした記事となります。「いや、スパムブログにガイドもへったくれもないだろう」というあなたのご意見はごもっともです。しかしながら評価を外すというのは恥ずかしいもので、もちろんその的はずれな文章を後々に読み直すのがスパムブログの醍醐味であるわけですが、とは言えなるべくなら恥はかきたくないものです。せっかくならプロでさえ見過ごしたカードを当てて、一発盛大なドヤ顔をしようではありませんか。そこで今回は、4月に発売された『大魔境ウンゴロ』を振り返り、「どのようなカードが過大・過小評価されがちか」を明らかにし、来たる『凍てつく玉座の騎士団』に備えましょう。

 

過大評価されていたカード

『大魔境ウンゴロ』で、多くの事前評価では高いものを受けながら、残念ながらあまり日の目を見なかったカードを一覧にしてみましょう。

  f:id:kou1184:20170715154202p:image

[原始の王カリモス]は、[翡翠の精霊]がパッチによってエレメンタルに変更された最近はそこそこ見るようになりましたが、先月までは見る影もないものでした(正直、今でさえ少々怪しいものです)。彼を始めとし、エレメンタル種族は一時期だけの流行に終わり、イマイチパッとしない結果でした。特定のカードが強力でも、脇を固める十分なカードが存在しなかったのが原因でしょう。エレメンタルの特性上、一度マウントを取られると返しても後々続かないのも大きな欠点でした。

 [ラッカリの生贄]を始めとしたクエストカードは、非常に評価が難しいものでした。新規のカードタイプは過去のカードと見比べができないので、的はずれな評価をしてしまいがちです。

 また、[大食のプテロダックス][デビルサウルスの卵]も高い評価を受けていたミニオンでした。結果として、[凄まじき力]の殿堂入りの穴があまりに大きく、ZOOというアーキタイプ自体が消滅し、彼らもまたtierの底辺へと沈んでいきました。

 

過小評価されていたカード

 では逆に、事前評価では見過ごされていた隠れた強カードを挙げてみます。

 f:id:kou1184:20170715153709p:image

 強力なレジェンドカードを始め、[ファイアフライ][タール・クリーパー]といったユーティリティの高いカードですら事前評価では低いものを受けていたような気がします。

 こうしてまとめて見ると、特定のカードとシナジーを成しながら単体でも機能するカードは強いですね。[ガジェッツアンの競売人]と[幻覚][レイザーペタル・ラッシャー]、[蓮華紋]と[ファイアフライ]、[錬気]に[獰猛なヒナ]などが具体的に挙げられます。どれもコンボが決まった時はゲームを決めうる力があります。この辺りはどうしても使ってみないとわからなく限界があるのですが、事前にこのようなコンボを見極めることができれば、プロのカードレビュワーを名乗って良いでしょう。

 

どのように「スパム」を避けるべきか

 以上を踏まえると、今後はどのように事前評価を成すべきかが見えてきました。まずは「カードプールを確認する」ことが第1であるかのように思います。エレメンタルデッキ、ZOOは十分なカードが無く、アーキタイプ自体が消滅しました。これによりそれらで採用されるべきだったカード群が全てスパムと化しました。事前評価の際には、「このカードはどのデッキで使われるのか」「使われるであろうアーキタイプは強いか」を念頭に置かなくてはなりません。もちろん既存のカードとシナジーを成す場合もありますし、そういったカードは気をつけて評価しましょう。

 次に「見た目のスタッツに騙されない」。スタッツとはアタックとタフネスの値です。[太陽の番人タリム][太陽の砕片ライラ][ストーヒルの守護者]などはマナに対してのスタッツはやや抑え目ですが、それ以上に効果が強力なカードでした。もちろんスタッツは大きな要素ではあるものの、「こいつはスタッツが低いからゴミ!」と決めつけるのは早計なようです。効果と見比べて評価を下しましょう。

 最後に「新しいタイプのカードは慎重に」。「新しいからこれは強いはず」と色眼鏡で見てしまってはいないでしょうか。「誰か有名な人が言ってたから強い」、「みんな言ってるから弱い」ではなく、自らで判断するべきです。特に、新しいタイプのカードの場合は。

 

  まとめると以下の通りです。

①カードプールを確認する

②見た目のスタッツに騙されない

③新しいタイプのカードは慎重に

 

 いかがだったでしょうか。これから新規レビュワー様のお力になれれば光栄です。ここまで書いておきながらですが、ブログなんてものは誰かの意見なんか気にせず自分の思うままに書くのが一番だと思います。そうした方が後ほど当たっても外れても悔いが無いものです。では、いいスパムライフを。