ワイルドでマイルドに生きる

ハースストーンのワイルドを細々とやる

大魔境ウンゴロ マイルドにワイルドメタリポート 5月

 大魔境ウンゴロがリリースされて1ヶ月が経った5月。スタンダードと同じくらい、ワイルドも相変わらずメタは目まぐるしく動いていました。総じてこの月はプレイヤー達が派手なレジェンドカードに隠れていた、強力なカードのポテンシャルを理解し始めた月だったと言えるでしょう。

 

f:id:kou1184:20170528121201p:image

 個人的にラダーを駆け上がった印象のまとめなので、おかしな点がありましたらツッコミよろしくお願いします。ランク5までは正に有象無象、ランク5付近には海賊botが大量に存在し、上のランクに行けば行くほどコントロールが多くアグロが少ない傾向です。この傾向はランク3を越えた頃から顕著です。それらをメタるアンチコントロールもランク上位ではまた増えました。その枠にはスタンダードでもお馴染み翡翠ドルとクエロー、加えてワイルドではコンボプリが存在します。

 

光の浄化を受けよ!(30点パンチ)

 J4CKIECHAN氏の開発したコンボプリーストというデッキは、ウンゴロの[影の幻視][光熱のエレメンタル]を活用したデッキです。[神授の霊力][内なる炎]を絡め簡単に30点近くバーストを出します。大型挑発を生み出せることでアグロにも強く、かつコントロールにも強い点が特徴です。スタンダードの沈黙プリーストと似ていますが、バフをかける対象が[ヘドロゲッパー][エサゾンビ]となっており沈黙の手間が必要ありません。シャーマン以外に安定した勝率を誇るこのデッキは、瞬く間に多くのプレイヤーの支持を集めました。

f:id:kou1184:20170528122736j:image

 J4CKIECHAN (S38 legend) "OTK Priest"

 

只今見参!

 また流行したデッキと言えばミッドレンジパラディンも忘れてはいけません。[闇への抵抗]までも採用した新兵型のミッドレンジパラディンは、海賊の減ったランク上位でとうとう日の目を見ました。[ダークシャイアの管理人]で除去耐性を付け、[光合のステゴドン][兵站将校][太陽の番人タリム]で全体バフをかけてバーストを出す動きは非常に強力です。[ヴァインクリーパー][ジャングルの遭難者]なども採用され、詰め込める新兵シナジーは全て詰め込んだデッキとなっています。

 f:id:kou1184:20170528124148j:image

Sottle (S38 legend) "Midrange Paladin"

 

俺が誰かって?

 5月はスタンダードでも秘策メイジが花を咲かせた月でした。対コントロールでの強さとカスタマイズ性が多くのプレイヤーに好まれました。ワイルドでも、このアーキタイプはリストがかなり固まってきたようです。[鏡の住人][呪文相殺]という二択に加えて、[複製]という古のナクスラーマスのカードは厄介なミニオンを増殖させます。さらに[ロウゼブ] は相手の行動の選択肢をさらに狭めます。相手にした際のヘイトがかなり高いせいか、いくつかのデッキでは[ケザンのミスティック][秘密を喰らうもの]が採用されていました。  
f:id:kou1184:20170528132131j:image

Specialist (S38 legend) "Secret Mage"

 

死者は蘇る

 コントロール側はどうでしょうか。今月のコントロールで最もプレイヤー人口を増やしたアーキタイプが、断末魔シャーマンです。[火山噴火]という新カードは、大型ミニオンと小型ミニオンが並んだ盤面を一枚で処理できる優秀なAOEです。回復、挑発、除去の三拍子が綺麗に揃っており、アグロに対して大きな壁となったデッキでした。[転生]はこのデッキにおいてキーカードであり、[ケルスザード][バーンズ]各種断末魔ミニオンと非常に強力なシナジーを成します。

 f:id:kou1184:20170528124446j:image

 sipiwi (S38 legend) "Deathrattle Shaman"

 

レジェンド1位大量生産デッキ

 アグロも負けてはいません。海賊ウォリアー以上に早い(こともある)デッキが開発されました。SkyWalker氏の開発した[ホブゴブリン]を軸としたトークドルイドは、そのシェアをエッグドルイドから完全に奪いました。そして、5月はこのデッキを使用したプレイヤーのレジェンド1位報告が相次ぎました。必要ダストも少ないですし、参入を考えている方はまずこのデッキからいかがでしょうか。
f:id:kou1184:20170528132141j:image

SkyWalker (S38 legend) "Token Druid"

 

総括

 あらゆるデッキが活躍し、正にワイルド極まれりといった1ヶ月でした。私は断末魔レノメでレジェンド達成しましたが、これほどまでに環境に多種多様なアーキタイプがいると、コントロールするのは非常に困難でした。しかしここまで一強が存在せず、メタが回るのはワイルドでは珍しいことです。[艦載砲]のある海賊ウォリアーを差し置いて、ここまでメタが回るとは正直予想していませんでした。ワイルドヒロイック酒場も開催され、さらに今月はレジェンド64位以内に入れば世界大会への出場権が貰えるとのことで、人口が増えたことが原因ですかね。来月も新しいデッキの登場を期待します。