ワイルドでマイルドに生きる

ハースストーンのワイルドを細々とやる

愛すべきワイルドなデッキ達①

 今回からはワイルドデッキ紹介の記事となります。ワイルド新規参入を考えている方はこちらもどうぞ→http://kou1184.hatenablog.com/entry/2017/04/05/213046

 前半と後半(リンクこちら→http://kou1184.hatenablog.com/entry/2017/05/14/160729)の2回に分けて、10のデッキを紹介していきます。ラインナップはこちら↓

 

①海賊ウォリアー

②エッグドルイド

③シークレットパラディン

④テンポメイジ

⑤フリーズメイジ

⑥レノロック

⑦アグロシャーマン

⑧断末魔プリースト

⑨ドラゴンプリースト

⑩ミラクルローグ

 

 環境の傾向として、強くアグロとコントロールの二極化が進んでいます。ガジェッツァンにて超強化をもらった海賊ウォリアー、ウンゴロにて完成したエッグドルイドという2つのアグロデッキが環境を圧巻しています。それに対抗するのが断末魔系とレノ系のコントロールです。ミッドレンジはシクレパラやドラプリなどの異常なほどのデッキパワーを持った数種類に限られています。

 

①海賊ウォリアー

 
f:id:kou1184:20170514112615j:image

 間違いなく環境最強のデッキです。ウンゴロにて新要素は無かった上に、[ゴラッカ・クロウラー][暴蝕ウーズ]などメタカードが追加されたにも関わらず、依然としてトップを走っています。海賊シナジーを中心とし、武器と突撃ミニオンで速やかに相手のライフを削る構成です。ワイルド要素は[艦載砲]、[デスバイト]です。

 [艦載砲]は海賊が場に出る度に2点をランダムな敵に与えるという能力で、[海賊パッチーズ]と恐ろしいほどのシナジーを為しています。相手がこのミニオンを返しで除去できなければ、ほとんど勝ち同然でしょう。[デスバイト]は4マナ42の武器で、断末魔で全体に1点を与える能力です。この能力は[泡をふく狂戦士]とシナジーしたり、敵の[ヘドロゲッパー]を一撃で葬ることができ、大変強力です。

 唯一の弱点と言えば真っ先にメタの対象となってしまう点でしょうか。また、このデッキはbotが回していることも多いです(詳しくはいつかの別記事で)

 

②エッグドルイド

 
f:id:kou1184:20170514112628j:image

 海賊ウォリアーに次いで、ワイルドで最も多いデッキです。回った時は海賊ウォリアーですら凌駕する速度を誇ります。スタンダードのアグロドルイドを、ワイルドに移したようなデッキです。スタンダードと比較すると、獣要素が排除され、トークン要素のみで攻め切る構成になっています。ウンゴロにて[ゴラッカ・クロウラー][動き回るマナ][ファイアフライ][進化の胞子]など、多くのバフを受けました。

 [呪われた蜘蛛][ネルビアンの卵]など軽量で除去耐性のあるミニオンを並べ、全体バフをかけていく構成となっています。特性上全体ダメージに弱いですが、[森の魂]で耐性をつけることができます。また、[ジーヴス]によるドロー、[獰猛な咆哮]によるバーストも可能です。環境に多い[デスロード]に弱いため、[イカれた錬金術師]を採用している型もあります。

 

③シークレットパラディン

 
f:id:kou1184:20170514112645j:image

 ハースストーン最強のミッドレンジデッキ。盤面を取った後に、[謎めいた挑戦者]という最大5マナ加速5枚ドローという、明らかに調整ミスのカードをプレイすることを目的としたデッキです。カード1枚ずつのパワーも去ることながら、それらが組み合わさり強力なシナジーを生み出します。[コグハンマー][トゥルーシルバー・チャンピオン]と強力な武器ももちろん搭載。ウンゴロでは[剣竜騎乗][水文学者]などの強化を受けました。

 [シールド・ミニロボ]と[救済]、[兵役召集]と[競争心]、[ウルダマンの番人]と[トゥルーシルバー・チャンピオン]など、異常なほどに噛み合ったカード群を対処するのは不可能と言っていいでしょう。まさに一方的な正義を押し付けてきます。パラディンはシクレ型の他にも、新兵型ミッドレンジや断末魔コントロール、大罪コントロールと非常にアーキタイプが多く、相手にした時のマリガンが難しいヒーローです。

 

⑤テンポメイジ

 
f:id:kou1184:20170514112701j:image

 なかなか追加戦力が補充されなかったアーキタイプですが、ウンゴロにて [始原の碑文]という強カードをもらいました。手札を減らさずに呪文を唱えられるので、[マナ・ワーム][フレイムウェイカー]との相性は抜群。自身より早いデッキがまだまだ多く安定しませんが、先日のヒロイック酒場でも多くの12勝報告を輩出し、デッキパワーは一級品なことを証明しています。

 

④フリーズメイジ


f:id:kou1184:20170514112713j:image

  なぜかスタンダードでも生きているこのデッキ。やはり[始原の碑文]はOPだったようです。呪文のコストを下げることでスペルダメージを乗せやすくなり、バースト範囲が大きく広がりました。そのリストの美しさには、最早言葉も出ません。ワイルドにて多い断末魔系コントロールパラディンに対して非常に有利なのが嬉しいです。武器を止められないので、海賊ウォリアーに不利なことが唯一にして最大の弱点です。