ワイルドでマイルドに生きる

ハースストーンのワイルドを細々とやる

大魔境ウンゴロに「適応」したい

 先日新パック大魔境ウンゴロが発表され、スタンダードは大いに盛り上がっています。エレメンタルシャーマン、クエストローグ、挑発ウォリアーなどの新デッキが開発される一方、ミラクルローグ、海賊ウォリアー、翡翠シャーマンやドラゴンプリーストと旧デッキも新戦力を取り入れています。

 とりあえず自分はZooでランク5まで達成。他の方のリストを参考に、当たった[クラッチマザー・ザヴァス]を入れています。対処力の低いローグ、ハンターには有利ですが、全体除去の多いシャーマンと増えつつある挑発ウォリアーが辛いです。メインのクラスであるメイジは、秘策メイジやタイムワープメイジを試してます。あとは、何とかしてエレメンタルメイジで当たった[オズラック]と作成した[パイロス]を上手く活用してあげたいですね。

f:id:kou1184:20170412202927p:image

 f:id:kou1184:20170412202835p:image

 

 一方ワイルドは、ンゾスレノメイジにウンゴロで追加された新カードを追加。あと他にも少し調整しました。

 

f:id:kou1184:20170408205045p:image

 

f:id:kou1184:20170408205018p:image

 

 新カード [パイロス]と[始原の碑文]、[暴蝕ウーズ]が入っています。[パイロス]はコントロールミラーでのバリュー対決に優位に立てる他、序盤に引いてもマナカーブの良い動きができるのが良いですね。[暴蝕ウーズ]は海賊の減少によりあまり活躍できてないかも。[始原の碑文]は、状況に合った呪文を選べるのが素晴らしいです。他には、[ドクター・ブーム]を再度投入しました。やはりカードパワーが高いです。

 しかし、ワイルドは現在断末魔プリーストとシークレットパラディンの二大天下です。ミッドレンジの復権で、レノメイジは相手の強力な攻め手に対処しきれないことが増えました。完全に逆境と言えるでしょう。

 ということで、今月はフリーズメイジを使用しようと思います。まだ慣れない故にプレイが甘いですが、ミッドレンジデッキに対してのカウンターとして振る舞います。